2015年10月22日

DualShock4をPCで使う



普段PCゲームのプレイにはXbox360ワイヤレスコントローラーを使用していまして、特に操作感などに不満はないんですが、やや大きくて重いのが気になるときがあったりなかったり。
ついでに、最近動画エンコの環境に「TMPGEnc Video Mastering Works 6」を導入し、H.265でエンコしていると専用機1台ではマシンパワーが足りず、ゲーム用PCも動画エンコに回すことが多くなって好きなときにゲームができない状況が増えました。
そんなわけで、その2台とは別のメインPCでも軽めのゲームならいけそうなので、ゲームパッド含めた環境を用意してしまおうということになりました。

実はゲームパッド自体は1年近く前から用意してあったんです。
PS4を持っていないのにDualShock4(以下DS4)を。

20151022-1.JPG

20151022-2.JPG

2014年11月発売でしたかね、限定色のカモフラージュが格好良かったので予約して買いました。
他の色を知らないのでよくわからないのですが、全体的にマットな仕上がりでべたべたしないと評判は上々のようですね。


今はどうなのかわかりませんが、アナログスティックの耐久性が問題になっていた時期があったので、念のためアナログスティックのカバーも購入。

20151022-4.JPG

付けてみました。
ちょっとペコペコしますがフィット感は悪くないかなと。

発売当時からDS4はPCでゲームパッドとして利用できてはいましたが、キーアサインがぐちゃぐちゃだったりタッチパッドや振動機能が使えなかったりと実用には少々厳しい印象でした。
ですが最近はありがたいことに導入が比較的簡単で細かい設定も可能なツールが開発されているので、使わせていただこうと思います。

1.用意するもの
・DS4
・PC接続用のUSBケーブル(Bluetoothで接続する場合は不要)
・Bluetoothドングル(PCに標準でBluetoothが備わっている場合、有線接続の場合は不要)
 →規格は「BT2.1+EDR以上」となっていますが、最近のものなら大丈夫でしょう。

※今回の導入環境
・Windows7 64bit
・Bluetoothドングル「BSHSBD04BK」

2.「Input Mapper」のインストール
DS4をPCで使うためのドライバソフトとして「Input Mapper」、「DS4 To XInput Wrapper」、「DS4Windows」等がありますが、今回は「Input Mapper」を使います。
こちらからダウンロード可能です。
解凍後exeファイルを実行し、インストールしてください。
特に迷う部分もないかと思います。

3.WindowsにDS4を接続する
USBケーブルを介して接続する場合は特に問題はないはずです。
Bluetooth接続の場合、ペアリング中はDS4の「PSボタン」+「Shareボタン」を同時に長押しし続けてください。

4.「Input Mapper」の起動
20151022-5.jpg

DS4をPCに接続した状態で「Input Mapper」を起動すると「Input Mapper」内にDS4が認識・表示されています。

20151022-6.jpg

キーアサインの変更も可能です。

20151022-7.jpg

個人的にはライトバーを常時オフにできるのが視覚的にもバッテリーの持ちを考えても有用ですね。

※注意点
今回使用したBluetoothドングル「BSHSBD04BK」ですが、Windows7環境で自動的にインストールされるBluetoothスタック(ドライバ)はモトローラ製で、この状態でDS4をPCに接続すると「Input Mapper」で認識されませんでした。
そのためデバイスマネージャーからBluetoothドングルのドライバを「Generic Bluetooth Adapter(Micorosoft製)」に手動で変更し、改めてDS4を接続しなおしたところ「Input Mapper」でも認識されました。
「BSHSBD04BK」に限らず、Micorosoft製のスタック以外では「Input Mapper」で認識されないことが他でも報告されていますので、うまくいかないときはこの辺を確認してみてください。
posted by gizooo at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連

2015年10月17日

プリングルスのスピーカー届きました

2015年の6月末まで行われていたキャンペーンで、中ぶたを10枚集めて送るとプリングルスの空き缶にセットして使うオリジナルのポータブルスピーカーが必ずもらえるっていうものがありまして、締め切りギリギリに応募してました。
その後公式サイトで「想定以上の応募があったので発送遅れます」的なアナウンスがあり、応募時期もギリギリだったためしばらく届かないだろうとすっかり忘れていたんですが、9月の頭くらいにひょっこり届きました。
というわけでレビューです。

20151017-1.JPG

届いた箱。
タバコの箱2つ重ねたくらいで小さいです。

20151017-2.JPG

開封。

20151017-3.JPG

スピーカー本体。
手前のスイッチが電源です。

20151017-5.JPG

背面。
アンプ内蔵なので単4乾電池を3本使用します。

20151017-6.JPG

缶は新旧3種用意しました。
左から旧ショート缶、旧ロング缶、新ショート缶です。

20151017-7.JPG

新旧ショート缶の比較。
パッと見でお分かりだと思いますが、リニューアル後の缶は若干細いんですね。
ん?そうしたら新旧どちらかはスピーカーがはまらないんじゃ…

20151017-4.JPG

大丈夫、ちょっとわかりづらいですがスピーカー側に2種類の大きさに対応した溝が用意されてるんですね。

20151017-8.JPG

旧ショート缶にセットしてみました。

20151017-9.JPG

電源を入れるとリング状に赤く光ります。

20151017-12.JPG

旧ロング缶だとこんな感じ。

20151017-10.JPG

新ショート缶でも大丈夫です。

20151017-14.jpg

新旧缶で異なる溝を使用してますね。

音のほうは、そもそもモノラルスピーカーであることに加え、キャンペーンで配るためにコストは削りに削っていることが予想される通り、お世辞にも良いとは言えません。
「プリングルス缶がスピーカーになっちゃった!」というネタと受け取るか、インテリアみたいな感覚でいたほうがいいかもしれません。
なお、ロング缶とショート缶では低音の響きがだいぶ違います。

ところで、どうして1月半も経ってからこの記事を書くことになったかというと、「リニューアル後の缶も併せて検証したいけどしばらくプリングルスはいいや」という気分がなかなか晴れなかったためです。

正直音楽を聴くためにこれを使おうとは思いませんが、こういうのってすごく好きです。
ワクワクしますよね。
posted by gizooo at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電

2015年07月29日

暑い季節の日中のみBS/CS放送にドロップが発生する原因を探る

2011年末にBSアンテナをベランダに設置して以来、特に大きなトラブルもなくBS/CS放送の視聴・録画ができていましたが、3年半ほど経った2015年春頃から日中(9:00〜19:00くらい)のみ散発的にドロップが発生することが多くなりました。
全体的に受信レベルが下がった結果ドロップが発生しているというわけではなく、100の状態から瞬間的に0になってすぐまた100に戻るといったような症状です。
また、外気温が高いときに発生することが多く、涼しい日には問題なく視聴できるという特徴もあります。

我が家の機器接続状況は以下の通り。

20150729.jpg


実際はこのほかに分波器なども挟まっていたり、同軸ケーブルの本数なども違ったりしますが、イメージとして見ていただければ。

ここで、原因として考えられるものを列挙していきます。

(1)BSアンテナの不良
 ・アンテナ表面の汚れによる受信感度の低下
 ・高熱によるコンバーター部の誤動作
 ・高熱による支柱部の膨張・変形
(2)同軸ケーブルの不良
 ・雨ざらしによる接合部・内部の錆び
(3)TVブースター不良
(4)TV・レコーダー・PC等受信機器不良

こんなところでしょうか。

まず(4)について。
ドロップが発生する箇所ではどの受信機器でも同じように発生するため、特定の受信機器が原因とは考えにくい。

(3)について。
ブースターを噛まさずに1日受信テストをしてみましたが、同じようにドロップが発生しましたので原因ではないと判断しました。

残るは(1)と(2)ですが、(1)の確認には新しいBSアンテナが必要になるケースが含まれるため、手元に予備ケーブルがあることを考慮して(2)から確認します。
怪しいのは隙間用同軸ケーブル、及びBSアンテナから隙間ケーブルまでを繋ぐ同軸ケーブルの2本です。
これらは接続部をテープで保護しているとはいえ、基本的に雨ざらしなのでケーブル内部が錆びて断線を起こしやすい状況にあり、そこに高温で金属が膨張することが引き金になって断線→ドロップ発生という流れが想像できます。

今回の検証にあたって隙間用ケーブルは新たに注文しましたが、それが届くまでの間にBSアンテナと隙間ケーブルを繋ぐケーブル交換は試してみました。
結果、原因はこれでした。

原因がわかってしまうとあっけないものですが、結構苦労したんですよ。
当初は完全にBSアンテナが高温で動作不良を起こしているものと思いこんでいたので、秋になるまで我慢しようか、いっそのこと買い換えてしまおうかと考えたくらいです。
ネット等で調べてみてもBSアンテナの寿命は比較的長く、雨ざらしで10年以上使えている例も数多く見られますので、よく考えたらケーブルが最も怪しいと気づきそうなものですけど、思い込みというのは怖い怖い。

暑い季節の日中のみドロップが頻発するようでしたらまず外のケーブルを疑ってみるといいかもしれません。
posted by gizooo at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連